変なゲーム♪

変。異常な出来事,社会的な事件が起こること。政変や動乱などが発生することなど。

カテゴリ: ゲーム

海外メディアの報道より、Oculus VRでComputer Vision部門長官を務めるDov Katz氏が警察のおとり捜査の対象となり、「15歳の少女に性行為を持ちかけた」として逮捕されたことが明らかになりました。

米メディア KING 5 によれば、Katz氏は「15歳の少女」としてオンライン広告を出したおとり捜査員に連絡を取り、ワシントン州タクウィラのホテルで会う約束を交わしたとのこと。Katz氏は現金600ドルを持ちながらホテルを訪れたところで身柄を確保されましたが、逮捕当時には架空の少女を「助ける」ためにホテルへやってきたと述べていました。しかしながら、彼とおとり捜査員の間でやりとりされたテキストメッセージでは性的な関係を匂わせる内容も含まれていて、「児童の商業的性的搾取」、いわゆる買春行為にあたると報じられています。

Dov Katz氏は2013年よりOculus VRに参加し、ヘッドトラッキング技術の開発に携わったのちComputer Vision部門のヘッドとして活動。過去にはカーネギーメロン大学のロボット技術研究所で博士研究員として参加していたとも伝えられています。



Arkane Stuidosが開発する新作SFタイトル『Prey』。パブリッシャー、ベセスダ・ソフトワークスは、本作の国内向け最新映像を公開しました。

今回の映像「ニューロモッド研究報告」では、プレイヤーの分身となるモーガン・ユウがゲーム中で取得する超常的な能力"ニューロモッド"を紹介。爆発性のトラップを設置できる「スーパーサーマル」、遠くの物体を動かせる「遠隔操作」のほか、物に擬態する能力などが確認できます。これらの能力を取得するためには、「Neural Modifier」という針が突き出す機械を自分の眼窩に刺すことで、脳を調整する必要があるようです。

『Prey』は、PS4/Xbox One/Pcを対象に、国内で2017年5月18日発売です。

わぁ、嬉しいです(>ω<*)
改めてお答えくださったみなさんに感謝です♪

みなさんのアドバイス、わたしもとっても勉強になったのでイベントや試合もますます楽しくなりました!

イベントガチャの3箱目から出やすい魔法式と聞いちゃあ、頑張るしかないですよね!

というわけで、“星を呼ぶ少女”最後まで頑張りましたー!!

レイド系のイベントは敵がどんどん強くなっていくので、実はちょっと苦手なんです(>ω<;)

とはいえもっと強くなりたいので、3箱目の魔法式を引くまでは諦めません!!

チームメンバーのみんなも今回のイベントを頑張っていたので、救援を見かけるたびに参加してました(*`ω´)

デベロッパーBlueholeが開発と発売を担当している人気バトルロワイヤルシューター『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS(PUBG)』。本作のWeek 16アップデートが告知されました。

今回のアップデートは記事執筆時点で既にテストサーバー向けにリリース済み。メインサーバー向け配信の詳細日時は不明なものの、7月13日に配信予定とのこと。週間アップデートということで、武器やビークルの追加などはありませんが、プレイヤーは一度目を通しておくといいかもしれません。

    クライアントパフォーマンス
  • 最適化された飛行機のケアパッケージ
  • 改善されたUIパフォーマンス

  • バグ修正
  • ラウンド開始時、飛行機が移動しなくなってしまう問題
  • 4:3解像度ディスプレイでのインベントリ問題
  • チームメイト観戦時、常にカラーで観られるように変更
  • 車両が水中にあるとき、武器を撃てなくなるように変更
  • ロビー(離島)のいくつかのエリアでマガジンを拾えなかった問題
  • グレネード、レッドゾーン爆撃によって破壊されたドアを通過するとき、Fキー(デフォルトでのドア開閉キー)を押さなくてもいいように変更
  • スコープのズーム中に気絶したあとに蘇生された際、ズームしなくなる問題
  • グレネードが定期的に投げられなくなる問題
  • インベントリを開いているときに数字キーで武器を切り替える際、HUD/UIに装備している武器が表示されない問題

海外エンターテインメント情報サイトDeadlineは、人気ゲームシリーズ『レインボーシックスRainbow Six)』の原作として知られる、トム・クランシーの同名小説が実写映画化されることを明らかにしました。

Deadlineによれば、これまでに様々な作品を手がけたアキヴァ・ゴールズマンがプロデュースする実写映画版は「ビバリーヒルズ・コップ」のリブートにも携わるジョッシュ・アッペルバウムとアンドレ・ネメックが脚本を担当。主役のジョン・クラーク役には「デッドプール」で一躍脚光を浴びたライアン・レイノルズの起用が計画されているとのことです。

ちなみに、「レインボーシックス」の主役ジョン・クラークは別のシリーズ(「ジャック・ライアン」シリーズ)にも登場しており、実写映画版の「今そこにある危機(Clear and Present Danger)」ではウィレム・デフォー、「トータル・フィアーズ(The Sum of All Fears)」ではリーヴ・シュレイバーがジョン・クラーク役を演じていました。

映画化の権利はパラマウントピクチャーズが所有しているためUbisoftは関わっていないとのことですが、タクティカルシューターゲーム『レインボーシックス シージ』のヒットによって実写映画版『レインボーシックス』に興味をもつ方も多いかもしれません。さらなる詳細は今後の続報を待ちましょう。なお、Game*Sparkではゲーム版の歴史をご紹介しているので、そちらも是非ご覧ください。

このページのトップヘ