変なゲーム♪

変。異常な出来事,社会的な事件が起こること。政変や動乱などが発生することなど。

カテゴリ: ゲーム

ユービーアイソフトは、オープンワールドタクティカルシューター『ゴーストリコン ワイルドランズ(Tom Clancy's Ghost Recon Wildlands)』のPvPモード「ゴーストウォー」向け新アップデート“インターフェアランス”を配信したことを発表しています。

名作FPS『Doom』を徹底的に過激化するMod「Brutal Doom」のv21パブリックベータが開始されました。それにあわせてオリジナルから別物と言っていいほどまでに進化した、多数の新要素を披露するトレイラーが公開されています(以前公開された開発ダイアリー映像も必見)。

レトロチックなゲームの作成ができる仮想コンソール「PICO-8」で制作されたニヒルなゲームが登場しました。その名も『Ennuigi』、主人公は世界的に有名な緑の弟らしいのですが……。


左右矢印キーで移動、下で煙草をふかすことができる。


荒廃したゴールの砦の姿も


矢印キー上で主人公の独白を聞くことができる

ゲーム中では、主人公が自分におかれた境遇や体験を深く考え込んでいきます。なぜ国のお姫様を助け出すのに配管工が冒険しなければいけないのか、なぜ亀を踏まなきゃいけないのか、見るからに体に悪そうで喉に詰まりそうなキノコを食べなきゃいけないのか……。

この主人公の独白、このゲームの作者が実際に子供のころプレイしていた感想をそのまま投影しているらしいのですが、笑顔もマンマミーアともいわない主人公のキャラクター性とBGMが何ともマッチしています。


ジャンプが出来ないのでもちろんゴールも出来ない

『Ennuigi』が掲載されているLexaloffle Gamesでは、その他にもレトロ感溢れるフリーゲームが並んでいます。サイト内にある「Cartridges」では、ユーザーが作成したオーソドックスなシューティングやアドベンチャーの他に、トライ&エラーを繰り返して正解を導く『Across The River』や、ゆっくり流れる時間とBGMが楽しめる『Endless Train』など、「これは!」と惹かれるゲームが公開されています。

多くの開発者が新たな表現を模索しているVR界隈。Oculus VR主催のゲームジャム「Mobile VR Jamにて、アプリ・エクスペリエンス部門のプラチナ賞およびコミュニティチョイス賞を獲得た『The Night Cafe』がOculus Share配信中です。
本作はポスト印象派の画家として知られるフィンセント・ファン・ゴッホの絵画作品を題材にしており、プレイヤーはVR空間に再現された「夜のカフェ」の中を歩きまわることができます。また、「アルルのゴッホの椅子」や「ひまわり」といったその他の絵画作品も小道具として登場するようです。

2015年10月6日からサービスを開始した『METAL GEAR ONLINE(メタルギアオンライン)』。本作は、メタルギアシリーズのシステムを元にオンライン対戦ゲームとして作られたアクションシューティングゲームで『METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN』に収録されており、無料でダウンロードしてプレイ可能です。本記事では、過去の『METAL GEAR ONLINE』をプレイしていた筆者が、最新作のプレイレポートをお届けします。

『METAL GEAR ONLINE』は、2005年に発売された『メタルギアソリッド3 サブシスタンス』に同梱されていたものがはじまり。その後、2008年に発売された『メタルギアソリッド4』ではさらに機能を拡張・発展されたものが同梱され、オンラインのみをプレイできるスターターパックも別途発売されました。筆者のオンラインデビューは後者からですが、1ヶ月間本編をまったく進めずにひたすらオンラインばかり遊んでしまうぐらい熱中してプレイをしていた記憶があります。

ゲームにはナンバリングはつけられていませんが、本文中では分かりやすくするために『メタルギアソリッド3 サブシスタンス』に収録されていたものを『MGO』、『メタルギアソリッド4』は『MGO2』、『METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN』は『MGO3』と表記します。

このページのトップヘ