海外エンターテインメント情報サイトDeadlineは、人気ゲームシリーズ『レインボーシックスRainbow Six)』の原作として知られる、トム・クランシーの同名小説が実写映画化されることを明らかにしました。

Deadlineによれば、これまでに様々な作品を手がけたアキヴァ・ゴールズマンがプロデュースする実写映画版は「ビバリーヒルズ・コップ」のリブートにも携わるジョッシュ・アッペルバウムとアンドレ・ネメックが脚本を担当。主役のジョン・クラーク役には「デッドプール」で一躍脚光を浴びたライアン・レイノルズの起用が計画されているとのことです。

ちなみに、「レインボーシックス」の主役ジョン・クラークは別のシリーズ(「ジャック・ライアン」シリーズ)にも登場しており、実写映画版の「今そこにある危機(Clear and Present Danger)」ではウィレム・デフォー、「トータル・フィアーズ(The Sum of All Fears)」ではリーヴ・シュレイバーがジョン・クラーク役を演じていました。

映画化の権利はパラマウントピクチャーズが所有しているためUbisoftは関わっていないとのことですが、タクティカルシューターゲーム『レインボーシックス シージ』のヒットによって実写映画版『レインボーシックス』に興味をもつ方も多いかもしれません。さらなる詳細は今後の続報を待ちましょう。なお、Game*Sparkではゲーム版の歴史をご紹介しているので、そちらも是非ご覧ください。